自分でできるクレジットカード現金化【業者を使わない4つの方法】

クレジットカードを現金化したいけど業者を使いたくない。自分で現金化できる一番いい方法を知りたい。とお考えですか?

本記事では下記の内容を解説します。

  • 業者を使わないで自分でクレジットカードを現金化するメリット・デメリット
  • 自分でできるクレジットカード現金化【4つの方法】
  • クレジットカード現金化業者を使わない一番いい方法

業者を使わないで自分でクレジットカードを現金化するメリット・デメリット

業者を使わないで自分でクレジットカードを現金化するメリット・デメリット

業者を使わないで自分でクレジットカードを現金化するメリット

業者を使わないで自分でクレジットカードを現金化するメリットは2点あります。『高い換金率で現金化できること』と『業者にだまされる心配がない』ということです。

クレジットカード現金化業者を使うと当然手数料がかかります。自分で現金化すれば余分な手数料はかかりませんので、5%~10%くらいは高く現金化できるでしょう。

業者を使わないということは、「悪質な現金化業者にだまされる心配がない」ということです。自分でクレジットカードを現金化する場合、失敗さえしなければ、だまされることなく確実に現金化できるでしょう。

業者を使わないで自分でクレジットカードを現金化するデメリット

業者を使わないで自分でクレジットカードを現金化するデメリットは、『自分でやるので多少手間がかかる』というところです。

業者を使わないで自分でクレジットカードを現金化する場合、基本的には『転売』で現金化します。高く売れそうな商品を自分で買って、自分で売る必要がありますので、慣れるまでは多少手間がかかります。

自分でできるクレジットカード現金化の方法

ブランド品を自分で換金する現金化方法

自分でクレジットカードを現金化する方法の一つとして、「ブランド品」を転売する方法があります。クレジットカードで高級ブランドのバッグや財布などを購入して、それをブランド買取りショップに持ち込んで現金化するのです。

ブランド品を利用した現金化は自分で簡単にできますから業者を使わないで済みます。しかし、ブランド品は消費税がかかる上に、買取り率もそれほど高くはありません。換金率は低くなりますが、クレジットカードで買いやすいので確実に現金化したい人にはおすすめの方法です。

家電製品を自分で換金する現金化方法

家電製品を利用したクレジットカード現金化も業者を使わずに自分でできます。高く売れそうな家電製品をピックアップできれば高率換金も夢ではありません。

家電製品もブランド品と同じく「消費税」がかかります。転売する時は定価に対する買取り率が適用されますので、消費税分の10%くらいはマイナスになる覚悟はしておいた方がいいと思います。

新幹線回数券を自分で換金する現金化方法

新幹線回数券を使った現金化も自分で簡単にできます。クレジットカードで新幹線の回数券を購入して、それを金券ショップに持ち込めば業者を使わずに現金化できます。

新幹線回数券は比較的高く換金できますが、現在はカード会社が換金を疑って徹底的にマークしていますので、ばれる可能性は非常に高いと言われています。

業者を使わないで自分でクレジットカードを現金化する場合、新幹線回数券は高い換金率を期待できますが、最悪カード利用停止のペナルティもあるので覚悟が必要です。

Amazonギフト券を自分で換金する現金化方法

Amazonギフト券によるクレジットカード現金化も自分でできます。クレジットカードでAmazonギフト券を購入し、それをAmazonギフト券専門の業者に買取りしてもらうのです。

EメールタイプのAmazonギフト券はクレジットカードでしか購入できないので、クレジットカードで買っても何ら不自然ではありません。現在はこの方法が最も安全といわれています。

クレジットカード現金化業者を使わない一番いい方法

業者を使わない一番いい方法は【Amazonギフト券】

クレジットカード現金化業者を使わない方法の中で一番いい方法は「Amazonギフト券」による現金化です。「Amazonギフト券 Eメールタイプ」は購入も売却もネットで簡単にできますし、消費税もかかりません。

「ギフト券」ですので、誰かにプレゼントする目的でたくさん買っても不自然ではありませんし、言い訳もしやすい商品です。

Amazonギフト券の売り方に注意

自分でAmazonギフト券を買って転売すれば、クレジットカード現金化業者を使わずに換金できますが、問題は売り先です。個人間取引はリスクがありますので、専門の買取り業者に依頼するべきです。

しかしAmazonギフト券の買取り業者の中にも悪質な業者は存在します。悪質な買取り業者に引っかからないためにも、できれば「実店舗」がある買取り業者を選んだほうがいいでしょう。下記のお店は店舗があるので安心して利用できます。