クレジットカード現金化で利用停止ならないための対策法

クレジットカード現金化でカードが利用停止にならないかと心配されている方へ

クレジットカード現金化をしたことでカード会社に疑われ、カードが利用停止になったら困る。そう心配されている方は数多くいらっしゃいます。

本記事ではカード利用停止を防ぐクレジットカード現金化に役立つカード会社対策を解説します。

  • クレジットカード現金化でカード利用停止を防ぐために抑えておきたいポイント
  • クレジットカード現金化に役立つカード会社対策を解説

クレジットカード現金化でカード利用停止を防ぐために抑えておきたいポイント

クレジットカード現金化で注意しておきたいこと

クレジットカード現金化はカードを所有していれば誰でも審査なしで利用することができ、その手軽さから利用者も急増しています。

しかし、現金化をする行為はカード会社との規約に違反する行為でもあり、一歩間違えるとカード利用停止などのリスクを背負う可能性もあります。

例えば、換金率の高い商品券を大量に購入してしまうなど、明らかに現金化目的での買い方はカード会社に疑われる可能性は大きいと言えます。

クレジットカードは現金化業者を利用した方が安全

クレジットカード現金化の体験談でよくあるのが、自分で現金化をしたらカードが利用停止になった。

では、なぜ自分で現金化をしたことでカードが利用停止になったのか?

カード会社は換金性の高い商品には購入制限を設けている場合がほとんどです。例えば、購入制限のある金券商品券を一度に大量購入してしまったため、カードが利用停止になった。

金券商品券の大量購入は不正利用を防ぐためにカードにロックをかける場合と現金化目的と判断され、カードが利用停止になる場合がほとんどです。

結論から言いますと、自分でクレジットカードを現金化をするよりも専門の現金化業者を利用することでカード利用停止などのリスクを回避することができる。ということになります。

クレジットカード現金化に役立つカード会社対策を解説

カード会社で分類されている換金性物品

カード会社は「宝石・貴金属」「時計類」「鉄道回数券」「商品券・ギフト券」と換金性物品を商品区分コードで分類しています。

商品区分コードとはクレジットカードで購入した商品を各項目別に3桁の数字で表したものです。

例えば宝石・貴金属では「500」鉄道回数券「201」というように数字で表されており、各加盟店からカード会社へ伝えられます。

上記、換金性物品の中には購入頻度や金額によってカード会社に疑われることなく、安全に現金化することができる商品もあります。

下記では各換金性物品ごとにその安全性について解説していきます。

「宝石・貴金属・時計類」の現金化

宝石・貴金属や時計類などは買取相場の変動が激しい商品ではありますが、単価も高く質屋に持っていけば高額で換金することができます。しかし、宝石・貴金属や時計類はカード会社の項目で高換金性物品と記載されています。

 カードで購入することはできますが、場合によってはカードの利用制限、最悪の場合はカード利用停止なども考えられますので換金目的での購入は避けた方が良い商品と言えます。

「鉄道回数券」の現金化

鉄道回数券は現金で購入した場合のみ払い戻しが可能ですが、クレジットカードで購入した場合の現金払い戻しはもちろんできません。

ではどのように現金化するのか?その多くがクレジットカードで購入した鉄道回数券を転売する方法です。

しかし、現在では鉄道回数券の購入に制限を設けてるカード会社が多く大量購入したことで「カード利用停止」になる場合もあります。

鉄道回数券は少額での現金化には向いていますが、高額の現金化には不向きと言えます。

「商品券・ギフト券」の現金化

クレジットカードでは通常、「商品券・ギフト券」を購入することはできません。しかし、購入できる商品券が存在するのも事実です。

その商品券と言うのが「Amazonギフト券」です。

ネット通販大手のアマゾンが発行しているギフト券はカード会社の商品区分コード「135」ネット通販金券に該当すると思われ、換金性物品との記載もありません。

また、Amazonギフト券は贈り物やお祝い事などにクレジットカードで購入される方が多く、カード会社も現金化を疑うことはほとんどありません。カード承認も得られやすいおすすめの商品券です。

クレジットカードで購入したAmazonギフト券を現金化する場合はAmazonギフト券専門の買取業者を利用します。ご自身で行うのではなく、専門業者を利用しますので安全に現金化することができます。