返品キャンセルでクレジットカードを現金化できる?【返金の仕組み】

クレジットカードで買ったものを返品すれば現金化できる?自分でクレジットカードを現金化する一番いい方法は?

本記事では下記の内容を解説します。

  • 返品キャンセルでクレジットカードを現金化できる?【返金の仕組み】
  • 自分でクレジットカードを現金化する一番いい方法

返品キャンセルでクレジットカードを現金化できる?【返金の仕組み】

返品キャンセルでクレジットカードを現金化できる?【返金の仕組み】

クレジットカードで買った物を返品しても現金化できない【返金の仕組み】

クレジットカードで買った物を返品しても現金化はできません。クレジットカードで買った商品を返品した場合、クレジットカード決済の処理がキャンセルされるだけで現金は返金されません。

通常、お店のレジでクレジットカード決済をした場合、正式な売上データがカード会社に届くのに数日かかるといわれています。その間に返品をしても、手続きが途中でキャンセルされるだけで、現金で返金されることはありません。

では時間が経過してから返品キャンセルした場合は現金で返金できるのでしょうか。クレジットカード決済をして時間が経過した場合、つまりカード会社からの請求が確定したあとに返品した場合は、「クレジットカードの支払い予定分からマイナスされる」というかたちになります。時間が経ってから返品してもクレジットカードを現金化することはできないというわけです。

ドン・○ホーテで返品すれば現金化できるというウワサは嘘?

大手ディスカウントストアのドン・○ホーテでは、クレジットカード決済も現金で返金されるというウワサがありました。実際に現金化できたという話もあるようですが、現在は対策が取られて現金返金による返品はできなくなった可能性が高いです。

もしウワサどおりクレジットカード決済の返品を現金で返金していたらどうなるでしょうか。クレジットカード現金化目的の人がドン・○ホーテに殺到して、毎月莫大な金額を立替え返金することになってしまいます。

このような不正利用がネットで拡散されて、今ではドン・○ホーテにおいても返品によるクレジットカード現金化はできなくなったと考えられます。もし現在も、現金で返品できる店舗があったとしても、対策がとられるのに時間はかからないでしょう。

自分でクレジットカードを現金化する一番いい方法

クレジットカードで買ったものを転売して現金化

返品によるクレジットカード現金化は基本的に無理ですが、返品以外の方法で効率的にクレジットカードを現金化する方法はあります。それは転売による現金化です。

クレジットカードで買ったものを転売して現金化するのですが、なるべく高く売れそうな物を選べば、高率で現金化することも可能です。

クレジットカード購入が可能で高く売れそうな物といえば金券類が思い浮かびますが、通常商品券などの金券類はクレジットカードでは購入できません。

クレジットカードを現金化する一番いい方法は、電子ギフト券を購入して転売する現金化方法です。

電子ギフト券によるクレジットカード現金化

電子ギフト券によるクレジットカード現金化は、高率で速く現金化できるメリットがあります。電子ギフト券は「ギフトコード」と呼ばれる数字で管理されているため、売買手続きは全てネットで完了します。スマートフォンがあれば家に居ながらクレジットカードを現金化できるというわけです。

電子ギフト券によるクレジットカード現金化で気をつけることは、ギフト券を換金するお店選びです。下記のギフト券買取り業者は店舗営業ですので安心して利用できます。