クレジットカード現金化の換金率の相場は?【98%などあり得ない】

クレジットカード現金化の換金率の相場を知りたい。【換金率98%】とか本当なの?本記事ではそんな疑問について解説します。

  • クレジットカード現金化の換金率の相場は?【98%などあり得ない】
  • 換金率から安全なクレジットカード現金化業者を見極める

クレジットカード現金化の換金率の相場は?【98%などあり得ない】

クレジットカード現金化の換金率【98%】の仕組み【安全な方法】

実際の相場は80%前後。換金率98%だと業者の経営は成り立たない

クレジットカード現金化のサイトや広告で【最大98%】という高換金率を見かけますが、実際にはあり得ません。集客目的の誇大広告です。

換金率98%だとクレジットカード現金化業者の利益が出ないので経営が成り立ちません。実際の換金率の相場は80%前後となります。

クレジットカード現金化業者も会社ですから利益が必要です。換金率98%で経営が成り立つとは到底考えられません。

換金率を98%でやっているとすれば、その業者の利益はわずか2%ということになります。2%というと50,000円で利益1,000円ということになります。

例えば50,000円を現金化する利用者が1ヵ月に100人いたとします。

その場合の利益は、

50,000円×100人×2%=100,000円 となります。

1ヵ月の利益が100,000円だと従業員1人の人件費どころか運営もできません。(実際には業者も業務上の手数料がかかるので、利益は2%よりもっと低くなります。)

これが『クレジットカード現金化の換金率98%はあり得ない』といえる根拠です。

利用者がなるべく高い換金率でクレジットカードを現金化したいのは当然です。しかし業者もビジネスでやっているということを忘れてはいけません。

広告欄に表示されているサイトはおすすめできない

広告を出すということは経費がかかります。その分お客さんに還元するサービスの割合は低くなります。

クレジットカード現金化のサイトにおいても同じことがいえます。Google検索の上部の広告欄に表示されているサイトは換金率が下がる可能性がありますのでおすすめできません。

広告を掲載しているサイトの多くは「換金率最高98%」など高換金率を表記していますが、実際にはあり得ません。換金率以外に手数料などの名目でいろいろ引かれて、実際手元にくるのは70%程度ではないでしょうか。

クレジットカード現金化を利用する時は広告欄の業者ではなく、通常の検索結果に表示されたサイトの利用をおすすめします。

チャンスは少ないが換金率100%でクレジットカードを現金化する方法

実行できるチャンスは少ないのですが、換金率100%で現金化する方法があります。滅多に機会はないので、今すぐクレジットカード現金化を検討している人向きではありません。

換金率100%でクレジットカードを現金化する方法は、ズバリ「立替え払い」です。友達や家族の買い物の支払いを自分のクレジットカードで立て替えるのです。

例えば自分の祖父母など高齢者でAmazonなどのネットショッピングができない人っていますよね。その人の代わりにネットショッピングを代行してあげて、自分のクレジットカードで支払うのです。

立て替えた代金を現金で受け取ればクレジットカードを現金化できたことになります。しかも換金率100%です。

その他、飲み会で立て替える方法もあります。幹事を買って出て、そのお会計を自分のクレジットカードで立て替えて払い、参加者から割り勘を現金徴収すれば、とりあえず自分の飲み代を省いた分は現金化できたことになります。

この「立替え払い」によるクレジットカード現金化の方法は、リスクがないうえに換金率100%を実現できますので、タイミングさえ合えば一番いい方法といえます。

しかしクレジットカードを現金化したい時に都合よく「立替え払い」の機会が訪れるとは限りませんので、この方法は現実的ではありません。

換金率から安全なクレジットカード現金化業者を見極める

換金率が高過ぎるのは怪しい

クレジットカード現金化で高い換金率を狙うばかりに盲目になってはいけません。換金率が高過ぎる業者は怪しいと思って疑いましょう。

広告費をかけて露出度を高めているクレジットカード現金化業者は、高換金率で集客しようとします。「最高換金率98%」などの甘い宣伝文句に惑わされないように注意して下さい。

安全な業者の換金率の相場は?

広告を出していないクレジットカード現金化業者だからといって、換金率98%が可能というわけではありません。正直なところ、まともなクレジットカード現金化業者でも、換金率は80%前後が相場です。

安全なクレジットカード現金化業者は基本【買取り型】です。買取り型とは、利用者がクレジットカードで購入した商品を買取ることで現金化するシステムの事です。

買取った商品は最終的には他のエンドユーザーに向けて売るわけですが、そのエンドユーザーがだいたい商品定価の1割引きくらい、つまり90%程度で買うと言われています。つまり業者は80%台で買取らないと利益が出せません。

そのような正直な換金率表示で運営しているクレジットカード現金化業者は基本的には広告を出していませんから、Google検索などの検索結果を見る時は「広告」業者を避けて見れば探せると思います。

また、安全性の高い店舗型の現金化業者の場合、所在地を明確にサイト上に記載してあるので、住所検索も有効かも知れません。

換金率が本当かどうか見極める方法

クレジットカード現金化業者の換金率が本当かどうか見極めるには、実際に利用するのが一番です。「百聞一見にしかず」です。

実際に試す際は、騙された時のことを考えて少額で申込みます。例えば10万円現金化したい場合でも、最初は1万円で申込み、本当に提示された換金率で現金化できたなら、残りの9万円を申し込めばよいでしょう。

高換金率を謳うクレジットカード現金化業者の全てが虚偽の換金率とは断定できませんが、理論上換金率98%などあり得ないということはお分かり頂けたかと思います。クレジットカード現金化を利用の際には、高過ぎる換金率に惑わされないようくれぐれもご注意下さい。