【電話確認なし】で利用できるクレジットカード現金化業者の見分け方

電話確認なしでクレジットカードを現金化したい方へ

クレジットカード現金化を利用したいと考えているけど「業者からの電話がうざい」「電話連絡なしでやり取りしたい」と考えていませんか?

本記事では下記の内容を解説します。

  • 【電話確認なし】で利用できるクレジットカード現金化業者の見分け方
  • クレジットカード現金化の手続きをメールだけでやる時の注意事項

【電話確認なし】で利用できるクレジットカード現金化業者の見分け方

クレジットカード現金化で申込後の「電話なし」の業者を見分ける方法

申込みフォームで「電話連絡なし希望」を選択できるか確認する

クレジットカード現金化は基本的に「メールのやり取りだけ」で利用することが可能です。電話をかけてくる業者は多いですが、本当は誰でも「電話確認なし」で利用できるのです。

「電話確認なし」で利用できるクレジットカード現金化業者の見分け方は簡単です。サイトの申込みフォームで「電話連絡なし希望」を選択できるかどうか確認すればOKです。

「電話連絡なし」を選択できないようなクレジットカード現金化業者は良心的ではありません。そのようなクレジットカード現金化業者は必ず電話をかけてきます。(※特に詐欺業者はトラブルの際の証拠資料になるメール文章を残したくないので、何でも電話でやりとりしようとします。)

良心的なクレジットカード現金化業者は、利用者の気持ちを第一に考えて「電話連絡なし」を選択できるようにしています。クレジットカード現金化の利用者は、後ろめたい気持ちもあり、できれば電話に出たくないという人が多いですし、仕事中や移動中など電話に出られない状況の時もあります。

下記は「関東ギフト」という現金化業者の申込みフォームです。選択項目に「お電話NG」があります。

関東ギフトの申込みフォーム

実際に公式サイトにアクセスしてみれば、本当に「お電話NG」の項目があるのか確認可能です。

「電話連絡なし」を選択すれば絶対に業者から電話は掛かってこない?

申込みフォームから「電話NG」を伝えた場合は、基本的にはクレジットカード現金化業者から電話が掛かってくることはありません。しかし不測の事態など例外はあります。

例えば振込み先の銀行口座情報が間違っていて振込みができない場合や、メールアドレスが間違っていてメールでの連絡ができない場合などです。そのような場合はクレジットカード現金化業者としても電話で連絡するしか方法がありません。

どうしても電話は嫌だというのであれば、メールアドレスや口座情報などを申請する際に、絶対に間違えないように気をつけましょう。

クレジットカード現金化の手続きをメールだけでやる時の注意事項

クレジットカード現金化の手続きは「電話連絡なし」でも「メール連絡は必要」

クレジットカード現金化を「電話連絡なし」で手続きする場合においても、何らかの連絡手段は必要ですので、メールでの連絡は必ず取れるようにしておきましょう。

申込み内容に不備があった時など、業者側からお客さんに連絡が取れないと手続きが進められません。

【メールで注意すること】

  • メールアドレスを間違えない
  • いつでも受信できるメールアドレスを使う
  • 携帯アドレスの場合は迷惑メール設定に気をつける

携帯メールアドレスの場合は「迷惑メール設定」に気をつける

携帯メールアドレスの場合は「迷惑メール設定」にも気をつけましょう。自分で設定したつもりはなくても、デフォルトで「迷惑メール」扱いになり、クレジットカード現金化業者からのメールが受信できない場合もあります。「迷惑メール」になってしまったり、設定解除方法が不明な場合は、Gメールなどのフリーメールで申請した方が早いです。

尚、Gメールにおいてもクレジットカード現金化業者からのメールが勝手に「迷惑メールフォルダ」に振分けられることがありますので、メールの受信が遅いと思った時は、Gメールの「迷惑メールフォルダ」を確認してみましょう。