店舗営業なのに本人確認不要で利用できるクレジットカード現金化業者

本人確認不要で利用できるクレジットカード現金化業者をお探しですか?

本記事では下記の内容を解説します。

  • 店舗営業なのに本人確認不要で利用できるクレジットカード現金化業者
  • クレジットカード現金化で本人確認が必要なケース

店舗営業なのに本人確認不要で利用できるクレジットカード現金化業者

店舗営業なのに本人確認不要で利用できるクレジットカード現金化業者

クレジットカード現金化における本人確認とは

クレジットカード現金化業者の中には、「本人確認が必要」な業者と「本人確認不要」の業者があります。本人確認が必要な場合、大抵は電話によって本人の利用意思を確認します。

一部の現金化業者が本人確認を実施する理由は、「盗難・偽造カードの防止」や「なりすまし防止」の対策と考えられます。犯罪に巻き込まれると業務に支障をきたすことになるので、業者も仕方なく本人確認を実施しているわけです。

クレジットカード現金化の本人確認は基本的に初回利用の時だけ実施されます。一度本人確認が取れれば、二回目以降は本人確認不要で利用できるはずです。

しかしほとんどの利用者は「本人確認不要」を望んでいます。仕事中で電話に出ることができない場合や、周りに人がいて電話しづらい状況の人もいるので、多くの人は本人確認の電話に抵抗があるようです。

店舗営業なのに本人確認不要で利用できるクレジットカード現金化業者

「本人確認なし」でクレジットカード現金化を利用したい方には、下記の業者がおすすめです。申込みフォームから「電話NG」を選択すれば、業者から電話がかかってくることはありません。メールのやりとりだけで全ての手続きが可能です。店舗営業では珍しい、本人確認不要で利用できるクレジットカード現金化業者です。

クレジットカード現金化で本人確認が必要なケース

不審な場合は本人確認を求められる可能性がある

本人確認が不要な業者でも、申込み内容に不審な点がある場合は、本人確認を求められる可能性もあります。虚偽の申込みは犯罪につながる可能性が高いので、業者としても警戒せざるを得ないのです。

クレジットカード現金化業者が警戒する不審な申込み内容

  • 申込み名と銀行口座名義が異なる
  • 身分証と申込み名が異なる

電話による本人確認を徹底している現金化業者もある

電話による本人確認を徹底している現金化業者もあります。不正利用を防止する目的のようですが、「本人確認なし」を希望している利用者にとっては好ましいことではありません。

本人確認が不要の場合でも身分証の提示は必要です。ほとんどのクレジットカード現金化業者は「買取り」で現金化をおこなっていますが、古物営業法において身分証の確認が義務付けられているのです。

つまり、古物営業許可を持っている業者は身分証の確認を実施しているということです。逆に言うと、身分証が不要の業者は許可を持っていないと業者であると考えられます。