【個人情報は大丈夫?】クレジットカード現金化で必要な書類とは?

クレジットカード現金化の利用を検討しているけど個人情報が心配…。手続きの際の必要書類ってなんですか?

本記事では下記の内容を解説します。

  • 【個人情報は大丈夫?】クレジットカード現金化で必要な書類とは?
  • 安全なクレジットカード現金化業者は個人情報対策も万全

【個人情報は大丈夫?】クレジットカード現金化で必要な書類とは?

【個人情報は大丈夫?】クレジットカード現金化で必要な書類とは?

【個人情報を悪用される可能性あり?】こんなクレジットカード現金化業者はNG

クレジットカード現金化業者を利用する際に心配なのが個人情報の悪用です。通常クレジットカード現金化業者を利用する際、初回の場合は身分証など必要書類の提示を求められます。まともな業者の場合は個人情報などの必要書類を悪用されることはありませんが、怪しい業者は注意が必要です。

個人情報を悪用されるおそれがあるクレジットカード現金化業者の見分け方はそれほど難しくはありません。下記の事項が該当する業者は利用しない方が無難です。

個人情報を悪用される可能性があるクレジットカード現金化業者の特徴

  • クレジットカード両面の写真を必要書類として提示しなければいけない
  • クレジットカード決済する商品の詳細(商品名など)を明確にしていない
  • 買取り以外の方法でクレジットカード現金化をおこなっている

全てのクレジットカード現金化業者が個人情報を悪用するわけではありませんが、上記に該当する場合は注意が必要です。

クレジットカード現金化の必要書類って何?個人情報はなぜ必要なの?

そもそもクレジットカード現金化の際に、なぜ個人情報が記載された必要書類が要るのでしょうか。

クレジットカード現金化業者の多くは買取りによって現金化をおこなっています。利用者がクレジットカードで購入した商品を買取るシステムです。買取り業務は「古物営業」に該当しますので、売却者の本人確認義務があります。

本人確認の必要書類は、運転免許証や保険証など公的な身分証明書です。対面取引の場合は提示するだけで確認が済みますが、非対面取引の場合は身分証画像をメールで送付します。

安全なクレジットカード現金化業者は個人情報対策も万全

安全なクレジットカード現金化業者の個人情報対策について

安全なクレジットカード現金化業者とは「買取り型」の業者です。「買取り型」の業者は古物営業法に基づき業務をおこなっていますので、個人情報対策も万全といえます。

安全なクレジットカード現金化業者の場合、個人情報が記載された必要書類の管理は徹底されており、漏洩(ろうえい)の心配はありません。

買取り業者以外は個人情報などの必要書類を提示する義務はない

買取り業者は古物営業法で本人確認を義務付けられていますが、買取り以外のシステムでクレジットカード現金化をおこなっている業者の場合、法的には個人情報を提出する「義務」はありません。あくまでも業者側の都合で本人確認の必要書類を求めているだけです。

個人情報が心配で、どうしても必要書類を提示したくなければ、他のクレジットカード現金化業者を利用するしかありません。しかし本人確認不要で出来るクレジットカード現金化はありませんから、信頼できる業者選びが重要になってくると思います。

下記のお店は実際に古物営業で買取りをおこなっている店舗です。安心してクレジットカードを現金化したい人におすすめです。