カード会社はなぜクレジットカード現金化を禁止しているのか

クレジットカード現金化 禁止

カード会社はなぜクレジットカード現金化を禁止しているの?法律でも禁止されているの?とお考えですか?

本記事では下記の内容を解説します。

  • カード会社がクレジットカード現金化を禁止している理由
  • 法律でクレジットカード現金化が禁止されているわけではない
  • 現金化を黙認しているカード会社もある?

▼動画による解説もあります▼

カード会社はなぜクレジットカード現金化を禁止しているのか

カード会社がクレジットカード現金化を禁止している理由

クレジットカードの与信枠は、利用者の収入や利用状況を審査したうえで設定されているので、限度額いっぱいまで自由に使っても問題ないはずです。それなのに何故カード会社は、クレジットカードの現金化を禁止しているのでしょうか。

カード会社がクレジットカードの現金化を禁止する理由は、「貸し倒れ」のリスクを減らすためと考えられます。クレジットカードを現金化する人は、基本的にお金に困っている人です。お金に困っている人が現金化を繰り返すと、最終的に支払い不能に陥り、破産する可能性が高くなります。カード会員が債務整理や自己破産をおこなうと、その分、カード会社は損害を被るので、その要因となるクレジットカードの現金化を禁止しているというわけです。

法律でクレジットカード現金化が禁止されているわけではない

クレジットカードを現金化する行為は、カード会社の利用規約違反にはなりますが、法律で禁止されているわけではありません。他人のクレジットカードを不正利用するのは犯罪ですが、自分のクレジットカードを現金化して逮捕されることはありません。

クレジットカードを現金化する行為は、昔から活用されてきた金策術です。しかし近年、インターネットの普及により、元闇金業者による「クレジットカード現金化詐欺」が横行し、それをきっかけに、社会的にクレジットカード現金化を利用しないよう注意喚起されるようになりました。消費者庁なども、現金化業者の利用に対する注意喚起はしていても、自分でクレジットカードを現金化する行為については、禁止どころか、触れてもいないのが現状です。

現金化を黙認しているカード会社もある?

自分でクレジットカードを現金化する場合、ギフト券など換金できそうなものを買って転売する方法が一般的です。しかし、ギフト券など換金性商品をたくさん買うと、現金化を疑って注意してくるカード会社もありますし、ギフト券の購入を禁止したり、制限するカード会社もあります。ところが、中には現金化していることがわかっていても、黙認しているようなカード会社もあります。

クレジットカード会社は、会社によってそれぞれ性格が違います。たとえば、三井住友カードやUCカード(みずほ銀行)などの「銀行系」は、現金化に対してけっこう厳しいといわれています。JCBやアメックスも同じく厳しいカード会社です。一方、ニコスやジャックス、オリコカードなどは、「信販系」で、一般的に「ゆるい」カード会社といわれています。そのようなカード会社は、換金性商品をたくさん買っていても、返済さえ滞らなければ、何も言ってこない場合がほとんどです。クレジットカード会社としても、リスクがなければ、現金化を黙認したいのが本音ではないでしょうか。