クレジットカード現金化の意味~その仕組みまでを詳しく解説

クレジットカード現金化を効率よく利用するため、その意味や仕組みを詳しく知りたい、とお考えですか?

そこで、本記事は下記内容を解説していきます。

  • クレジットカード現金化ってどんな意味?
  • クレジットカード現金化の仕組みとは
  • クレジットカード現金化の換金率について
  • クレジットカード現金化は業者を使うことに意味がある
  • まとめ

クレジットカード現金化の意味~その仕組みまでを詳しく解説

クレジットカード現金化ってどんな意味?

クレジットカードには、お買物の支払いに使える「ショッピング枠」お金を借りることができる「キャッシング枠」があります。

それぞれに限度額が設定されていて、その範囲内であれば、いつでもショッピングやお金を引き出すことが可能です。

しかし、元々キャッシング枠が付帯していない、限度額すべてを使ってしまいショッピング枠のみ利用できる、そのような時に使う手段をクレジットカード現金化と言います。

クレジットカード現金化の仕組みとは

クレジットカード現金化の仕組みは、ショッピングで商品を購入して、それを現金に換金するだけのかんたんな手順です。

まずは、損をしないためにも換金率の高い商品を探さなければいけません。その商品の中でよく使われているのが、クレジットカードでも比較的安全に購入できる「Amazonギフト券」「新幹線回数券」「ブランド品」です。

この3つの商品はクレジットカード現金化業者の中でも重要があり、高換金率で現金化ができる指定商品として取り扱われています。

クレジットカード現金化の換金率について

換金率は、現金化の際に、その商品を何%で買取ってもらえるかの割合のことを言います。現金化業者の換金率の相場は約80%なので、例えば10万円分の商品で現金化をすれば、8万円の現金を受取れることができます。

また、換金率以外に還元率という表現もありますが、これは違法性が高いキャッシュバック式の現金化になりますので、ご利用の際は注意が必要です。

クレジットカード現金化は業者を使うことに意味がある

クレジットカード現金化業者は利用者の安全を第一に考え、カード種類、金額に応じて商品を選定して現金化をおこないます。

これにより、クレジットカードの利用停止や強制退会などのリスクを回避することができるので、現金化業者を利用する意味は十分にあると言えます。

まとめ

クレジットカード現金化はカード会社の利用規約に違反しているということで、違法、危険などのイメージもありますが、きちんと意味を知ることで安心安全に利用できるサービスということがわかります。

審査もなしで、どなたでも即日に利用ができるクレジットカード現金化はお金を作る上で、最も適した資金調達方法と言えるのではないでしょうか。