【何を買ってどこに売る?】転売によるクレジットカード現金化の方法

「クレジットカードで高く売れそうなものを買って転売すれば現金化できそう。具体的な方法を知りたい。」とお考えですか?

本記事では下記の内容を解説します。

  • 【何を買ってどこに売る?】転売によるクレジットカード現金化の方法
  • 転売によるクレジットカード現金化のメリット

【何を買ってどこに売る?】転売によるクレジットカード現金化の方法

【何を買ってどこに売る?】転売によるクレジットカード現金化の方法

クレジットカードでなるべく高く売れそうな商品を購入し、それを転売することで現金化できます。転売によるクレジットカード現金化は、昔から活用されている「王道」ともいえる現金化方法です。

転売で高く売れそうな商品

転売によるクレジットカード現金化を成功させるには、なるべく高く売れる商品を探すことです。売れない商品を購入しても現金化の意味がありませんし、高価で転売できなければ手元につくれる現金も少なくなってしまいます。

転売で高く売れそうな商品はズバリ「金券類」です。金券類といえば「全国共通百貨店商品券」や「ビール券」などを思い浮かべますが、商品券やビール券は残念ながらクレジットカードでは買えません。

では何が買えるかというと、「電子ギフト券」です。クレジットカードで電子ギフト券を購入し、それを転売することで高い換金率を実現できます。電子ギフト券を転売する方法は、今もっとも安全にクレジットカードを現金化できる方法といわれています。

新幹線回数券をクレジットカードで購入して転売する方法もありますが、カード会社に現金化したことがばれやすいのでリスクが高いといわれています。カード利用停止のおそれもあるので、新幹線回数券の転売によるクレジットカード現金化はあまりおすすめできません。

クレジットカードで買いやすい商品

クレジットカードで買いやすい商品は、ブランド品や家電製品など金券類以外の商品です。金券類はクレジットカードで買えないものもありますが、ブランド品や家電製品でカード購入できないものはありません。

ブランド品や家電はクレジットカードで買いやすいので、これらを転売して現金化できます。しかしブランド品や家電は「消費税」がかかるので、転売できたとしても実質換金率が低くなってしまいます。

クレジットカードで買ったものをどうやって転売する?

クレジットカードで購入したものは金券ショップやリサイクルショップに転売して現金化します。フリマアプリなど個人間取引で転売する方法もありますが、個人間取引はトラブル時の補償がありませんのでおすすめできません。転売はなるべく業者を使うようにしましょう。

電子ギフト券を転売してクレジットカードを現金化する場合は下記の業者がおすすめです。店舗を構えて営業していますので安心して転売できます。

転売によるクレジットカード現金化のメリット

転売のメリットはカード会社にばれにくいこと

転売によるクレジットカード現金化のメリットは、カード会社にばれにくいことです。クレジットカードで商品を買ったことは当然カード会社にはわかりますが、その商品を転売したことは本人が認めないかぎりカード会社にはわかりません。

新幹線回数券のようにカード会社に疑われやすいものもありますが、転売する商品の選択を間違えなければ基本的に転売したことがばれることはありません。

転売以外の方法でクレジットカードを現金化するのは危険

転売以外の方法でクレジットカードを現金化するのは危険です。キャッシュバック方式のクレジットカード現金化もありますが、絶対に利用してはいけません。キャッシュバック方式の場合、不正なサイトでクレジットカードを決済しますので、不正な利用履歴が残ってしまいます。後日カード会社に追求されても言い逃れできません。

転売を利用した現金化の場合は、正規のお店でクレジットカード決済をするので問題はありません。転売しなければ通常の買い物を同じかたちです。クレジットカード現金化は転売によっておこなうのが一番安全です。