これは危険【クレジットカード現金化】の利用者が体験した悪質な手口

クレジットカード現金化ビジネスにおいて、やはり存在するのが悪質な手口で利用者を騙すクレジットカード現金化業者です。

本記事ではクレジットカード現金化を利用して実際に悪質な手口で騙されたという方の体験談をもとに、その実態を探っていきたいと思います。

  • クレジットカード現金化業者の悪質な手口とは
  • クレジットカード現金化で悪質な手口にあわないためには

クレジットカード現金化業者の悪質な手口とは

換金率以外に高額な手数料を差し引かれる

クレジットカード現金化はお金を借りるのではなく、カードショッピング枠で購入した商品を換金率で買取してもらう仕組みです。

しかし、悪質な業者は手続きがすべて完了した時点で登録料や消費税などの名目を使って換金率以外にも高額な手数料を差し引いて振込みをしてきます。

このような手口を使ってくる業者の特徴としてはサイト上に「換金率業界最高 98%」というように現実的にはありえない膨大な換金率を表示している傾向があります。

基本となる換金率の相場は「80%」くらいになりますので、あまりにも高い換金率を表記している業者の利用にはくれぐれも注意してください。

クレジットカード情報が狙われる

クレジットカード現金化サービスにおいて利用者のクレジットカード情報を要求してくる業者がいます。

例えばキャッシュバック型のクレジットカード現金化の中には業者所有のカード端末機で決済を代行してキャッシュバックで現金を振込むという仕組みがあります。

そのために利用者はクレジットカードの画像写真などを業者に送るのですが、中にはその情報だけを目的とした最も悪質な手口も存在します。

クレジットカード情報を提示した後に音信不通となり、不正利用された。こような詐欺被害も報告されているので特に注意してください。

個人情報リストを闇金に流される

クレジットカード現金化を利用するにあたって本人確認書類等の個人情報は必ず必要になります。しかし、その個人情報リストを抜き取り闇金サイトなどに流すという悪質な手口も存在します。

闇金サイトに個人情報リストが漏れてしまうと闇金業者から融資を目的とした勧誘電話やSMSショートメールが頻繁に届くようになります。こうなってしまうと携帯電話番号を変更しない限り逃れることができません。

このような業者の特徴としては「IP専用番号」や「携帯電話番号」を利用している傾向があり、運営元が闇金業者の可能性があります。固定電話やフリーダイヤル以外の番号を利用しているのであれば、なるべく利用しないことをおすすめします。

利用者が体験したクレジットカード現金化の悪質な手口

ここでは実際に利用者が被害にあったクレジットカード現金化業者の悪質な手口をご紹介します。

広告に載っているクレジットカード現金化業者なので安心して利用したAさん。

換金率も90%、その他手数料は一切なしと条件が良かったので100,000円で申込みをしました。その後、指示に従いAmazonギフト券10,000円×10枚を購入して業者に送付。すると振込まれた金額にビックリしたAさん。

なんと振込まれたのは「22,500円」何かの間違いだと思い、問い合わせをしたところ換金率90%が適用さられたのはAmazonギフト券10,000円のみで残りの90,000円は換金率が15%になると説明を受けました。

そんなことは一切聞いていないと反論したAさんですが、利用規約にきちんと記載してあると言われて断られました。確かに利用規約下段の目に見えないようところに小さく書いてあったそうです。

その利用規約に同意をして利用しているのでキャンセルもできないAさん。高い勉強代だと思い、今回は泣き寝入りしたそうです。

以上のように現金化業者はさまざまな手口を使って利用者を騙そうとします。少しでも怪しいと感じた場合は利用を控えるようにしてください。

クレジットカード現金化で悪質な手口にあわないためには

ホームページを細かくチェックする

クレジットカード現金化は換金率や振込みまでの時間など、少しでも条件の良い業者を選びたいところです。

しかし、会社概要や利用規約などホームページをしっかりとチェックせず、好条件だということだけで利用を決めてしまうと詐欺被害に合う可能性が高くなります。利用前に不審な点がないかこまめにチェックしてください。

実店舗で運営している業者を選択する

実店舗がなく、ネットだけで運営をしている現金化業者も悪質な手口を使ってくるケースが多くなります。やはり安全とされるのは実店舗で運営をしている業者です。店舗があるだけでも利用者の安心感は数倍にも変わってきます。

しかし、店舗があっても来店できないのであればあまり意味がありません。サイト上に「来店OK」などの記載がない場合は電話で確認をしてください。もし、来店NGであれば住所を偽り、無店舗で運営をしている場合がありますので必ず所在地の検索をしていただき、該当がない場合は利用を控えるようにしてください。

創業年数にこだわる

創業10年以上続いている業者であれば間違いなく安全と言えます。創業年数が長いほど、それだけ利用者の支持が高く、実績がある優良店と言えます。クレジットカード現金化をご利用の際は創業年数も意識してチェックしてみてください。